【神奈川県高体連剣道専門部長挨拶】                                   県立生田東高等学校長 東城 俊也

 

強い神奈川・続ける神奈川 −

  皆さま明けましておめでとうございます。今年も神奈川県高体連剣道専門部のホームページにアクセスいただきありがとうございます。昨年も関東や全国の舞台で多大な活躍を見せた本県の剣士たちですが、昔から「一年の計は元旦にあり」と言われるとおり、年があらたまるとともに、まさに心機一転、新たな目標をしっかり定めて歩んでいってほしいものです。また、本年は平成から新たな年号へと変わったり、2020年の東京オリンピックの準備が本格的に進んだりと、社会に大きな変化が起こることでしょう。激動の時代に本専門部も一丸となって様々な事業に取り組み、新たな歴史を刻んでまいりたいと存じます。例年にも増して、よろしくお願い申し上げます。

 さて、今月26日(土)と27日(日)に、海老名総合体育館と平塚総合体育館をお借りして全国選抜大会県代表選考会が行われます。各校とも、冬休みを挟んで十分に稽古を積んでいることと思います。熱気あふれる好試合が展開されることでしょう。3月に愛知県で開催される本大会へ向けて、男女とも神奈川最強の代表を選抜したいものだと思います。

また、2月24日(日)には小田原アリーナで新人強化錬成会が行われます。例年、県外の強豪校にも多数参加していただいておりますので、今年も実りある練成会となるよう期待しております。

わたくしたち神奈川県高体連剣道専門部は、今年も「強い神奈川・続ける神奈川」の合言葉のもと、強化面、大会運営の面、またこのホームページに代表される情報発信など様々な面において、つねに向上心を忘れずによりよいものを目指し、取り組んでいきたいと思っております。本年も、皆さまのますますのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 平成31年1月吉日